2006年10月28日

CSSによる段組表現

 前回の記事に関連して「CSSによる段組表現」に関する情報をI先生が下記のサイトが参考になると教えて下さった。

http://allabout.co.jp/internet/hpcreate/closeup/CU20041111A/
 こういう参考サイトがあると、実際に制作する時に様々な発想が浮かんでとても便利である。
従来、「段組(マルチカラム)を作る」といえば、table要素を駆使して行うテクニックでした。しかし、最近ではブラウザのスタイルシート対応度が向上してきたため、スタイルシートのみで段組を作っても問題なくなってきました。
※従来はサポートしていないブラウザが多かったためにtableを使った方が無難でした。
そもそもtableは「表」を構成するための要素(タグ)ですから、段組デザインに活用するのは(tableの本来の用途からすると)正しくないことです。ホームページは、デザインと中身を分離して、デザインはすべてスタイルシートで記述すべきです。
とあるのはまさに至言である!
 数ある自サイトで、拙いながらこれを実現できたのが、
漢方薬専門・村田漢方薬局による漢方相談
アトピー性皮膚炎の漢方と漢方薬に自然療法をミックスした漢方相談専門薬局
 この2サイトだけだが、凝らないシンプルなデザインだからシロウトでも容易に作成できた。
 今後は本格的な凝ったデザインを考えないでもないが、そこまでの労力と時間を考えると、まだまだ先のことになるかどうか、今後のことは未知数ではある。

posted by 文武 at 01:49| 山口 ☀| HTML・CSSのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。